賃貸契約時に必要な敷金について

賃貸マンションに住む時のタバコに関する悩み

賃貸マンションに住む時のタバコに関する悩み 賃貸マンションに住んだ場合というのは、快適さだけでなく、不快な思いをする恐れもありますから、なるべくそういった思いをしないために、避けられる手段を考えておくと良いでしょう。
賃貸マンションでよくある問題に音に関することがありますが、においに関する問題というのもあるものです。
一つの例としては、タバコのにおいの影響というものがあり、ベランダで喫煙する人がいると、そのにおいが漂ってくることがあります。
当然、自分が吸った場合には他の家ににおいが漏れることもあるわけで、そのせいでトラブルが起きないよう、ベランダで吸わないようにするというのも一つの立ち回り方です。
また、タバコのにおいというのはエレベーターの中に充満することもあります。
エレベーターの中にはこの他にも食べ物のにおいやペットのにおいなど、色々なにおいがこもりやすいですから、避けたい時にはエレベーターを使わなくても生活に困らない低層階に住むと良いでしょう。

賃貸マンションの契約時に必要な敷金

初めて賃貸で物件を借りる場合に、注意しないといけないことは、毎月の家賃以外にも、契約時には必要なお金があるということです。
賃貸マンションを探す場合、まずは毎月の家賃やエリア、築年数などで条件を絞っていくかもしれませんが、契約するときには、敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料などの初期費用がかかります。
特に敷金や礼金は家賃の1~2ヶ月分というところが多く、すべてあわせると家賃の半年分ほどが必要となります。
これに、引っ越し費用や新居の家財道具などの購入費をあわせると、かなりまとまったお金を用意しておく必要がありますから、事前に計画を立てて準備しておくことが大切です。
また賃貸マンションなどの集合住宅では、共用スペースや周辺住民がどういった感じなのかも重要なポイントとなりますから、見学する時にチェックしておくとよいでしょう。
また賃貸物件では、退去時に原状回復などでトラブルとなることもありますから、入居時に部屋の汚れなどを大家や不動産会社の立ち会いのもと、チェックしておくとよいでしょう。